AST 数値 下げる サプリ

ASTの数値を下げることをしないと危険!オススメの方法はサプリメント

臓器の病気というのは、きわめて甚大な被害を引き起こしかねないものです。たとえば肝硬変や肝炎、肝がんに心筋梗塞、心不全などといった各種の症状は、その健康状態を大きく脅かします。

 

このような肝臓や心臓の病気を察知するための基準として計測をおすすめしたいのがASTです。

 

病院などの検査でこの数値を計測することによって、現在臓器の健康状態がどのようなものか、推測することが可能なのです。もし、ASTが危険な数値を記録した場合は、サプリメントを摂取するなどの方法で下げなければなりません。

 

当サイトでは、ASTの数値の意味やそれに伴って発生する病気、ならびに数値を下げるための方法、さらにASTの数値を下げるサプリの人気ランキングをご紹介します。

ASTの数値を下げるサプリランキング

レバリズム-L

肝臓の健康維持の要になる成分を凝縮したサプリで、肝臓の負担や病気のリスクが気になる人にピッタリです。
特にASTの数値を下げて肝臓に気を使いたいという人に良く、飲み続けることで肝臓の機能をサポートして負担を減らすことが可能です。

 

原材料には牡蠣やしじみなどが使用されており、国産の高品質なものばかりなので安全性と品質面でも大変信頼のおけるサプリです。
満足度も93%以上と非常に高く、お酒や美味しいもの好きな人が健康のために愛飲しています。

 

オススメしたい人 ・健康診断で肝臓の数値を指摘された

・お酒を飲むけど健康にも気を使いたい
・肝臓を元気にしてエネルギッシュに活動したい

主な特徴 ・肝臓のことだけを考えたサプリ

・薬に頼らずに数値を下げたいという人向け
・本格派の成分だけを凝縮している

成分 L-シスチン/ビタミンB/牡蠣エキス末/シジミエキス末など
価格 定期コース申込みで初回が980円

 

 

セラクルミン

セラクルミンは、日本初のASTやALTなどの肝機能酵素の数値の低下が認められた機能性表示食品です。
ウコンの天然成分であるクルクミンの吸収量を27倍に高めているので、肝臓の働きをサポートして守り、お酒やストレスに負けない体づくりが出来ます。

 

健康診断の数値が気になってASTの数値をサプリで下げたい人や、お酒をいつまでも楽しみたいという人に特にオススメです。
カプセルなので飲みやすく、続けやすいので忙しい人にもぴったりです。

 

オススメしたい人 ・肝機能の数値が高いのを改善したい

・40代に入って本格的に健康に気を使いたい
・お酒を飲むと翌朝まで残ってしまう事が多い

主な特徴 ・日本初の健康な肝臓のための機能性表示食品

・クルクミンの27倍の吸収量を持つセラクルミン
・肝臓の健康だけを考えたサプリ

成分 コーンスターチ/ウコン色素/ステアリン酸カルシウムなど
価格 定期コース申込みで初回が2,980円

 

 

牡蠣のチカラα

現代人に不足しがちな亜鉛を1日分で16mg摂取出来るサプリで、肝臓や肌の調子に不安を抱えている人向けのサプリです。
ASTなどの数値を下げるための健康習慣としてのサプリとしても優秀で、お酒を飲む人には特に試して欲しい商品です。

 

亜鉛と相性の良いマカや高麗人参のエキスも配合されているので、肝臓の元気に加えて男らしさや総合的な元気が欲しいという人にも効果的です。
1000名限定のお得なコースも今なら申し込めるので、始めるならチャンスです!

 

オススメしたい人 ・なんとなく元気が出ずダルい日が多い

・お酒や油っぽいものが好きで肝臓が気になる
・食生活や運動を意識している時間がない

主な特徴 ・1袋で生牡蠣181個分の亜鉛が摂取出来る

・高麗人参やマカなど厳選成分も配合
・美容にも良いので女性にも嬉しいサプリ

成分 サフラワー油/カキエキス末/酵母/マカエキス末など
価格 定期コース申込みで初回が980円

 

 

オルニパワーZnプラス

肝臓に良い成分の代表であるオルニチンと亜鉛を豊富に含んだサプリで、お酒を飲む人や働く人の肝臓を徹底的にサポートするサプリです。
健康診断で数値に問題があった人にもオススメで、ASTの数値を下げたい人向けのサプリとして人気が高まっています。

 

1日4粒〜8粒を体に合わせて飲めるので、自分のペースで飲めて続けやすいのも特徴です。
長く続けてこそ効果がはっきりと現れるサプリなので、まずは1ヶ月ほどを目処に始めてみてはいかがでしょうか。

 

オススメしたい人 ・薬に頼らずに数値を正常値に戻したい

・朝起きるのが辛くて会社に行くのが憂鬱
・自分と家族のために肝臓に気を使いたい

主な特徴 ・オルニチンと亜鉛をたっぷり摂取出来る

・1日あたり32円で始められるので経済的
・高品質な広島県産の牡蠣を使用している

成分 牡蠣エキス/しじみエキス/アスタキサンチンなど
価格 定期コース申込みで初回が1,960円

 

 

やわたのしじみの力

創業40年のやわたがしじみの力を凝縮して生み出した商品です。
お酒を飲む人に特に良い効果を発揮し、肝臓のASTの数値を下げたい人や肝機能を改善したい人向けのサプリです。

 

原材料には栄養素が豊富な黄金しじみを使用しており、1包で30粒分に相当するしじみの栄養素を摂り入れる事が出来ます。
1包ずつ小分けなので持ち歩きやすく、外出先でもさっと飲めるという点からも働く世代からの支持が厚いです。

 

オススメしたい人 ・夜の付き合いが多くて翌朝ぐったりしがち

・食生活を見直したいけどなかなか出来ていない
・そろそろ肝臓の負担が心配になってきた

主な特徴 ・1包にしじみ30個、肝臓エキス300mg配合

・お酒を飲む人の健康を考え抜いている
・違いを実感した人が94%もいる実力派サプリ

成分 しじみエキス/肝臓エキス
価格 定期コース申込みで初回が1,080円

 

 

AST数値を下げる方法は?

ASTの数値を軽視していると、大変なこととなっています。ですので、この項目で伝える方法を実践し、下げる努力をはじめましょう。

 

 

サプリメント

AST数値を下げるためには、有効な成分の入ったサプリメントを毎日摂取するのが有効です。サプリメントは携帯がしやすいので、勤務先でも出張先でも摂取することができ、非常に続けやすいのも魅力的なので、もっともオススメしています。

 

 

 

また、サプリメントを選ぶ際は、ドラッグストアの店員にアドバイスをお願いするなどして、品質の高いものを選ぶようにしましょう。

 

 

禁酒禁煙

お酒やタバコはストレスを下げたりリラックス効果を生む働きもありますが、その一方で大きな病気を発生させる元凶ともなり得ます。

 

 

 

タバコに含まれているニコチンやタールなどは血管を詰まらせて臓器を苦しめ、アルコールにいたっては文字通り肝臓を「酒漬け」にしてしまうのです。

 

 

 

毎年多くの方が、お酒やタバコの過剰摂取で亡くなっています。同じ道を辿らぬよう、禁酒禁煙を努めましょう。

 

 

脂肪燃焼運動

さらに、重病の原因となり得るのが脂肪です。特に40代50代ともなるとかなり脂肪が燃えにくくなり、神経や血管、臓器を圧迫してダメージを与えるようになります。

 

 

 

ですので、毎日の運動によって代謝を活性化させ、脂肪が燃えやすいカラダづくりをしましょう。ウォーキングやスクワットなどがオススメですよ。

 

 

野菜中心の生活

お肉というのはよい面もありますが、栄養バランスの面からいえば、危険な食材でもあります。脂質を多分に含んでいるので、特に脂肪の燃えにくい中高年にとっては、健康を悪化させる原因へと変化しかねないのです。

 

 

 

肉を完全に摂るなとは言いませんが、これからは野菜中心の食生活に切り替えていくべきでしょう。野菜に含まれているビタミン類は血液をサラサラにしてくれます。

 

 

AST数値を下げるサプリに含まれている成分とは

オススメの方法のひとつであるサプリメントについて、更に詳細な解説を行います。AST数値を下げるサプリに含まれている、オススメの成分についての紹介です。

 

 

オルニチン

主にしじみなどに含まれている成分です。「しじみエキス」と称してさまざまなサプリメントに用いられていますね。

 

 

 

このオルニチンは肝臓に対して有効な働きをしてくれます。その効果によって二日酔い回復成分としてアピールされることも多いようですが、実はASTを下げるといった役割にも十分活用することが可能なのです。

 

 

タウリン

栄養ドリンクなどに用いられることの多い、海の幸のカキ由来成分です。この成分はカラダにとって不要である中性脂肪を排出したり、コレステロールを廃棄してくれるといううれしい働きがあります。肥満状態が気になる中高年にとっては、特に効果が期待できる成分ですね。

 

 

葉酸

植物がエネルギーの源としている成分です。最近健康マニアの間でも注目が集まっています。この成分は壊れかけの肝臓細胞に対してその再生をサポートしてくれます。アルコールを頻繁に摂取している方には、積極的に摂っていただきたい成分です。

 

 

もし、AST数値が高いまま下げることをしないとどうなる?

とはいえ、ASTという単語ひとつだけ聞いても、いまいちパッとしないという方が多いでしょう。そうした方のために、このASTが高いといったいどのようなことが起こるのか、解説していきます。

 

 

ASTが意味するもの

そもそもASTとはどういったものなのでしょうか。これはアスパラギン酸アミノ基転移酵素の略称であり、心臓や肝臓に存在している酵素の一種の名前です。

 

 

 

この成分は体内での代謝に重要な役割を果たしているのですが、肝臓の細胞に異常が発生すると、これが血液中に漏れ出してしまい、それによって数値が高くなってしまうのです。

 

 

 

すなわち「ASTが高い=肝臓その他臓器が危ない状態にある」と考えればよいのです。

 

 

高ASTによって生じる症状

このASTが31IU/L以上になると、危険な状態だと言われています。具体的には、肝臓や心臓になにかしらの病気が発生してもおかしくない状況に陥っているのです。

 

 

 

代表的な病気としては、肝臓の細胞が壊死して血管系が破壊されてしまう肝硬変や、炎症が発生して機能不全に陥る肝炎。その他心筋梗塞や心不全など、血液の流れが停止してしまうような重病ばかり。実際これらの症状を発生すれば、生命に対しても大きな影響を与えるでしょう。

 

 

若くてもASTは気にすべき?

年齢の若い20代や30代はあまり病院の検査を気にすることがないため、このASTとは無縁だと考えてしまうかもしれません。

 

 

 

しかし、それはご自身の生活をよく振り返る機会がないということ。気がつけば、かなり高いAST値を記録してしまうほどのふしだらな生活を送っていたというのは、よくあることなのです。

 

 

 

そうした場合、待ち受けているのは突然の重病発症。生命をうばわれてしまったり、重い障害を患うこととなってしまうかもしれません。

 

 

高AST数値の方が体験した病気に関する口コミ

高AST数値の状態を下げることなく放っておくことがどれだけおそろしいのか。最後は実際に病気を体験した方の口コミを紹介しながら解説していきましょう。

 

 

 

 

Qさん:52歳男性

Qさんはラグビーで鍛え上げたガタイのよさとアルコールに対する強さが自慢。性格も陽気であった彼は、その年にも関わらず飲み会で何杯もお酒をあおるなどしていました。

 

 

 

ある時、病院での検査でかなり高いAST数値を計測し、医師から改善を警告されたものの、気の強いQさんはこれを突っぱねてしまったのです。

 

 

 

そんなQさんに待っていたのは、突然の死。死因は肝硬変による静脈の破裂に伴う失血死でした。

 

 

Rさん:48歳女性

Rさんは大の食いしん坊。特にお肉料理が大好きで、ステーキやハンバーグなどには目がないほど。野菜をあまり食べることなく、毎日お肉中心の生活を続けていたそうです。

 

 

 

そのため、病院の検査において高いAST数値を記録し、医師から「改善しないと大変なことになる」と警告を受けるも、いまいち実感がないため無視してしまったのです。

 

 

 

その結果、数ヶ月後にRさんは心筋梗塞を発症。幸いにして一命は取り留めましたが、生活に大幅な制限がかかってしまいました。

 

 

Wさん:32歳

Wさんは一流の商社につとめるエリートサラリーマン。とにかく仕事がバリバリできる方で、同僚とのつきあいもしっかりこなす人でした。

 

 

 

それによるストレスのためか飲酒量も非常に多く、また一日に吸うタバコの数もかなりのものだったのです。ですがWさんは「まだ若いから」と病院での検査を受けず、毎年の健康検査についてもかなり軽視していました。

 

 

 

そしてある日Wさんは、突然血を吐いて倒れてしまったのです。その病名は、非常におそろしい肝臓ガン。若くしてWさんは、大変な病気に冒されてしまったのでした。

 

 

まとめ〜AST数値は常にチェック! サプリで下げるのがオススメ〜

以上、AST数値を下げる方法についてのさまざまな情報でした。このASTというのは深刻な病気と深く関わっている数値であり、軽視していると大変なことになりかねません。

 

 

 

ですので、しっかり下げる努力をしていきましょう。サプリメントによる方法がオススメです。